スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消耗品偽りPC5台購入 研究室、書類偽造依頼か 阪大院不正経理疑惑(産経新聞)

 研究員の給与のキックバックやカラ出張の疑惑が浮上している大阪大学大学院医学系研究科・医学部の元教授(64)の研究室が、元教授の退職前にパソコン5台を業者から購入しながら、消耗品を購入したように書類を処理し、大学側に提出した疑いのあることが15日、分かった。元教授らはパソコンを所有しているとの指摘もあり、阪大の調査委員会が詳細を調べている。

 ■元教授が4台を所有

 関係者によると、この研究室では元教授が今年3月に退職する数カ月前、大阪市内の納入業者からパソコン5台を購入。その際、業者から11枚の領収書を受け取った。領収書はパソコンの購入ではなく、コピー機のトナーなど、実際には納入されていない消耗品の名目で書かれており、パソコンの購入代金とほぼ同じ金額だった。5台のパソコンのうち、元教授が4台を所有、1台は研究室の事務担当者が受け取ったという。

 事務担当者は調査委員会の事情聴取に対し、「パソコンを元教授から『ボーナス』としてもらった」などと説明しているとされる。元教授は産経新聞の取材に「細かいことは知らない。分からないものは言いようがない」と答えている。

 一方、納入業者も阪大調査委員会からの通報を受け、社内調査を開始。社長は取材に対し、「違う名目での領収証発行は認めておらず、会社として今回の件にかかわっていない。(阪大医学部を担当する)社員が独断でやったことだと思う」と説明。この社員は、社内調査で、研究室から頼まれたとの内容の説明をしているという。

 社長は「担当社員から(架空発注の)話を研究室に持ちかけたとは考えにくい。研究室から頼まれてやったのではないか」と指摘している。

【関連記事】
講師にカラ出張要求 研究室ぐるみ強まる 阪大院不正経理疑惑
阪大院研究室、メールで給与返金指示 別の非常勤研究員に
阪大院不正経理、大学側の出張費管理にも問題 「新たな仕組み必要」
阪大院不正経理疑惑 「カラ出張費」も還流か 昨年末から計30万円
阪大キックバック受け 研究生「悩み続けた」
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

<密航助長>容疑者を逮捕…タイから移送 千葉県警(毎日新聞)
<闇サイト殺人>控訴審初公判 8月9日、名古屋高裁で(毎日新聞)
菅首相会見速報(1)「最小不幸の社会」づくり目指す(産経新聞)
ミシン30万台リコール=ハンドル折損の恐れ―ブラザー(時事通信)
【2010参院選】滋賀、知事選とダブル選→県議辞職でトリプル選に (産経新聞)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

ミスターまさおやまなし

Author:ミスターまさおやまなし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。